事件事故情報

不法滞在外国人の合同摘発(松阪署)

 7月10日、名古屋入国管理局と合同で、松阪市に居住する外国人の男(58歳)を、出入国管理及び難民認定法違反(不法残留)で摘発した。

TOPに戻る