大台警察署
  • 【所在地】多気郡大台町佐原848  〒519-2404
  • 【電 話】0598-84-0110

ohdai01

管内略図

(大台警察署管内略図)

令和元年12月31日現在

市町村 面積 世帯数(世帯) 人口(人)
多気郡大台町 362.86 4,173 9,175
度会郡大紀町 233.32 3,946 8,264
合計 596.18 8,119 17,439

※面積は単位平方キロメートル

TOPに戻る

お知らせコーナー

速度取締り指針
大台警察署速度取締り指針(令和2年1月)


地勢

 当署の管轄地域は、県中南勢に位置する多気郡大台町、度会郡大紀町の2町で、その管轄区域は約596平方キロメートルと県内18警察署の中で3番目の広さとなっていますが、約92パーセントが山林で清流と豊かな緑に囲まれた風光明媚な地域です。

道路

 道路は、管内中央部を南北に縦断する国道42号、海岸線を走る国道260号のほか総延長は約180キロメートルに及ぶ県道があります。高速道路は平成26年3月紀勢自動車道が、尾鷲北ICまで延伸し、管内を縦断しています。

大台山系

 奈良県との県境に位置し、1,000メートルを越える山々が連なる大台山系は清流宮川の源流であり、動植物等豊かな自然が残されています。
 大杉谷登山道は、がけが多く危険箇所も多いため、単独登山は避け、十分な装備とともに確実な登山届けの提出をお願いします。

   

大台警察署山岳警備隊

 山岳遭難事故に対応するため、大台警察署では「山岳警備隊」を編成し救助活動に当たっています。
 また、大台山系をはじめ管内の山岳は、地理的にも複雑で捜索範囲も広域にわたることなどから、紀勢地区広域消防組合、大台町、大杉谷登山センター山岳救助隊と「山岳遭難対策協議会」を設置して、事故防止対策や救助活動を実施しています。

大台地区防犯協会のホームページを開設中!!

Web「地域安全ニュース」「速報!かわら版」などで防犯に関する情報をお届けします。

アドレスはこちら  :   http://www.ma.mctv.ne.jp/~o-bohan/

TOPに戻る

組織概要

TOPに戻る

犯罪発生状況

刑法犯発生状況

年別 区分 罪種別 合計
凶悪犯 粗暴犯 窃盗犯 知能犯 風俗犯 その他
令和元年 認知件数 1 4 57 2 0 14 78
検挙件数 1 4 23 2 0 3 33
検挙率(%) 100.0 100.0 40.4 100.0 - 21.4 42.3
検挙人員 1 4 6 1 0 1 13
平成30年 認知件数 0 4 38 4 0 17 63
検挙件数 0 3 62 1 0 4 70
検挙率(%) - 75.0 163.2 25.0 - 23.5 111.1
検挙人員 0 3 5 1 2 1 12
平成29年 認知件数 1 4 60 3 0 17 85
検挙件数 1 3 40 3 0 2 49
検挙率(%) 100.0 75.0 66.7 100.0 - 11.8 57.6
検挙人員 1 3 7 1 0 1 13

※凶悪犯:殺人、強盗、放火等
※粗暴犯:暴行、傷害、脅迫、恐喝
※窃盗犯:侵入盗、乗物盗、非侵入盗
※知能犯:詐欺、横領、偽造、背任
※風俗犯:賭博、猥褻

TOPに戻る

少年非行の状況

非行少年等の行為別状況

行為別→ 刑法犯少年 特別法犯少年 ぐ犯・不良行為少年
↓年別
令和元年 0 1 9
平成30年 1 4 6
平成29年 0 0 5

※非行少年等:犯罪少年、触法少年、ぐ犯少年及び不良行為少年の総称
※刑法犯少年:刑法に規定する罪を犯した犯罪少年及び触法少年
※特別法犯少年:刑法以外(交通非行を除く)の法令に違反する行為をした犯罪少年及び触法少年
※ぐ犯少年:保護者の正当な監督に服しない性癖があるなど、一定の理由があって、その性格又は環境に照らして、将来、罪を犯し、又は刑罰法令に触れる行為をするおそれのある少年
※不良行為少年:非行少年に該当しないが、飲酒、喫煙、深夜はいかい、その他自己又は他人の徳性を害する行為をしている少年

TOPに戻る

交通事故の発生状況

交通事故の発生状況(人身事故)

区分→ 発生件数 死者
(人)
傷 者
(人)
市町別発生状況
↓年別 大台町 大紀町
令和元年 21 3 23 15 6
平成30年 29 2 34 17 12
平成29年 23 0 33 15 8
区分→ 路線別発生状況
↓年別 R42 R260 R422 県道 市町道 その他道路
令和元年 19 0 0 1 0 1
平成30年 25 0 0 2 1 1
平成29年 14 1 0 3 1 4

交通事故の特徴

  • 国道42号における人身事故発生率が高い。
    (構成率 元年 90.5% 30年 86.2% 29年 60.9%)
  • 人身事故類型別発生状況
    【令和元年】追突 52.4%、単独 4.8%、出会頭 発生なし
    【平成30年】追突 58.6%、単独 6.9%、出会頭17.2%
    【平成29年】追突 43.5%、単独 4.3%、出会頭  4.3%
TOPに戻る