事件事故情報

出入国管理及び難民認定法違反(不法就労助長)被疑者の検挙(四日市西署)

 平成27年5月頃から平成29年8月21日までの間、四日市市桜町において、自己が経営する製茶工場において、在留期間が経過し、不法に滞在する中国人2人を雇用し、作業員として不法に就労活動をさせたとして、10月5日、男(56歳)を検挙した。

TOPに戻る