事件事故情報

特殊詐欺事件の発生(名張署)

 12月5日昼過ぎ、奈良市の女性(50歳代)が、携帯電話に届いた「未納料金が発生しています。連絡なき場合は、法的措置に移行します」旨のメールに記載の連絡先に電話したところ、アマゾンサポートセンターのモリと名乗る男から「インターネットの利用料金を支払わなければならない。誤認登録があった場合は、支払った分は返金される。」などと言われ、名張市のコンビニエンスストアにおいて、男から教えられた13桁の支払い番号を店員に伝え、現金を支払い、だまし取られる特殊詐欺事件が発生した。

TOPに戻る