事件事故情報

詐欺被疑者の逮捕(鈴鹿署)

 鈴鹿市から生活保護法等に基づく生活保護費などを受給していた者が、平成28年4月から翌29年1月までの間、就労事実及び就労収入があったにもかかわらず、事実を届け出ず、平成28年5月と同年9月に、収入がない旨の内容を記載した虚偽の書類を社会福祉事務所に提出するなどして、平成28年6月3日から同年12月26日までの間、複数回にわたり、生活保護費を自己の預金口座に振込入金させてだまし取り、また、介護保険料を関係機関に支払わせ、不当に利益を得たとして、6月12日、男(67歳)を逮捕した。

TOPに戻る