事件事故情報

特殊詐欺事件の発生(鈴鹿署)

 2月6日、鈴鹿市の女性(70歳代)宅に、「ご確認のお願い。お支払いの確認がとれておりません。」等と記載されたハガキが届いたため、ハガキに記載の電話番号に電話をしたところ、シンドウと名乗る者から「裁判になっています。弁護士に連絡してください。」などと言われ、その後、弁護士のマエダと名乗る男から「裁判を起こされています。和解するためには現金が必要です。東京に住む私の父親宛てに現金を送付してください。あなたを訴えている方にも連絡してください。」などと言われ、連絡したところ、「よくもやってくれたな。弁護士に免じて許すけど、お金払えよ。」などと電話に出た男に言われたことから、同日、鈴鹿市内のコンビニエンスストアにおいて、現金を宅配便で送付し、だまし取られる特殊詐欺事件が発生した。

TOPに戻る