新着情報

命の大切さを学ぶ教室(紀北町立紀北中学校)

 令和元年9月30日(月)、交通事故の被害者遺族が、事故から受けた様々な「痛み」、家族の絆、生命の大切さ、加害者も被害者も出さない社会を望む思い等を中学生に直接語りかける「命の大切さを学ぶ教室」を紀北町立紀北中学校で開催し、交通事故被害者遺族の鷲見三重子氏から講演をしていただきました。

鷲見三重子氏講演状況

TOPに戻る