一般向

個人情報管理の徹底

住所や電話番号などの個人情報をホームページで公開すると危険です。
悪意ある人に個人情報を見られ、迷惑メールや嫌がらせなどの被害を受ける可能性があります。

メールについても同様で、見ず知らずの相手には、むやみに個人情報を送らないようにしましょう。
また、インターネット接続や電子メールの送受信時に使用するIDやパスワードがありますが、第三者に無断で使用されたり、電子メールを盗み見されないためにも、これらの管理には充分注意をして下さい。
このうち特にパスワードについては、

  • どんなに親しい人であっても教えない
  • 書き留めない
  • 推測されにくいパスワードを使う
  • 定期的または頻繁に変更する

クレジットカード番号管理について

最近インターネット上で商品を購入できるホームページをよく見かけますが、今回はこの裏に潜む危険性についてご紹介します。

盗み見

ホームページ上で商品を購入する際どうしても入力が必要なのは「クレジットカード番号」です。この番号が売り手側に伝わらないことには支払 いができません。しかしこの番号がもし第三者に盗み見さて悪用されたら大変なことになります。しかしながらこの問題はインターネットの仕組み上どうしても 生じる問題なのです。

対策

こういった重要な情報を送信する際はセキュリティ機能が付加されたホームページであるかどうかを見分けます。見分け方はURLが「https://~」となります。またブラウザの下の方に鍵のマークが表示される場合も有ります。
しかし、セキュリティ機能付きのホームページと言えども100%安全とは言えません。心配な方は直接面接、電話等をお使い下さい。

迷惑メール、チェーンメールへの対応

迷惑メールについて

このところ携帯電話に見知らぬ者から、「出会い系サイト」等の勧誘メールが配信されます。
携帯電話会社によっては、メールの受信毎に料金が課金される場合もあり大きな社会問題になっております。
対策については、契約されている携帯電話会社で様々な防止策を紹介していただけますので、お困りの方は一度問い合わせを行って下さい。
最近では、メール差出人が自分自身のアドレスで配信されるという悪質なものもありますので注意して下さい。

チェーンメールについて

「お友達にも転送してあげましょう」というような内容のメールを受け取ったら、まずチェーンメールと思って間違いないでしょう。
このようなメールを受け取ったら、絶対に転送はしないで下さい。
メールを転送しなかったからといって何らかの被害に遭うことはありません。

ウィルス対策

「コンピュータウィルス」は、パソコンに電子メールやホームページを介して侵入し、メールを勝手に送信したり、パソコンにいろいろな不具合を起こしたりします。
このようなパソコンを攻撃するウイルスを排除するには、ウイルス対策ソフトの組込みは欠かせません。
さらに、最新のウイルスも排除できるように最新の「ウイルス定義ファイル」に更新しましょう。
また、ウイルスには、メールをプレビューしただけで感染するものや、ソフトのセキュリティホールという一種の欠陥をついて感染するものもあり、このような ウイルスには、メールの設定をもう一度見直したり、「セキュリティパッチ」というプログラムで修正する必要もあります。
もちろん、正体不明のメールや添付ファイルは実行しないようにしましょう。

何らかの被害を受けた場合の対応

「インターネット上(携帯電話用サイトも含む)の掲示板等に自分の名前を語り書き込まれ、見ず知らずの人から電話が架かってきて困っている。」

電話をかけてくる人から、
この電話番号をどこで知ったのか?
を聞き出して下さい。

また、掲載された掲示板等が確認できたら、保存及び印字を行い、最寄りの警察署まで相談して下さい。

「オークションで商品を落札し代金を振り込んだがいつまで待っても商品が送られて来ないまでか、出品者との連絡も取れなくなってしまった。」

用意していただくもの

  • 出品者との間で交わしたメール全て(email形式で保存して下さい)
  • 代金を振り込んだ際の「振り込み用紙」
  • 当該オークションの出品状況(画面を印字したもの)
  • その他出品者の手がかりとなるようなもの(ある場合)
    これらを持って最寄りの警察署まで相談して下さい。

その他

ご不明な事、不安なこと等ありましたら最寄りの警察署で相談を受け付けておりますのでご利用下さい。

TOPに戻る