2016/03/04 公安委員会定例会議開催概要

第1 開催日時
平成28年3月4日(金)午後2時55分~午後5時35分

第2 開催状況

1 会議冒頭の発言

【委員長】伊勢志摩サミットの開催まであと83日となった。3月に入り、サミット関連業務が本格化するところ、緊張感を持って取り組まれたい。
【本部長】伊勢志摩サミットに伴う警戒警備、運転免許センターへの交通総量抑制を呼び掛ける懸垂幕の設置等、いよいよサミット警備の本番を迎えているが、引き続き、気を引き締めてしっかり対応していきたい。

2 審議事項

(1)警察官等の援助要求(案)について(警務部)
警察本部から、警察官等の援助要求(案)について説明があり、原案どおり議決した。

(2)運転免許の行政処分等(案)について(交通部)
警察本部から、運転免許の行政処分等(案)について説明があり、原案どおり18件の行政処分等を議決した。

3 報告事項

(1)平成28年度地方警察官の増員に伴う配置所属等(案)について(警務部)
警察本部から、平成28年度地方警察官の増員に伴う配置所属等(案)について報告があった。
【委員】増員で関係部門の定員が増えることになっても、すぐにはその分野に精通した人材を充当することは困難な場合もあるため、人事面や教養面で工夫されたい。
【委員】サイバー対策の強化は国も推進しているところ、サイバー関係の体制強化のため配置される警察官がサイバー関係の知識を備えた人材でなければ、期待する増員の効果が得られないため、採用や人材育成の面でもしっかり対応してもらいたい。
【警察本部】警察庁からの指示もあり、県警察においてサイバーセキュリティ戦略を推進しており、人材の育成を始めとする人的物的基盤の整備を組織を挙げて進めているところである。
【委員長】地方警察官の増員により体制が強化されることは心強く感じる。増員となる部門にはしっかりした対応を期待する。

(2)人事評価について(警務部)
本部長から、人事評価について報告があった。   

 

「定例会議の開催状況」トップへ戻る

 

このページのトップへ