2016/06/10 公安委員会定例会議開催概要

第1 開催日時
平成28年6月10日(金)午後2時30分~午後5時30分

第2 開催状況

1 会議冒頭の発言

【委員長】伊勢志摩サミットが終了したが、警察の仕事柄、治安対策には切れ間はなく、無理をしていただいているところもあると承知している。社会背景を勘案すれば、次の世代を担う若者に就職先として警察を志望していただくためにも、工夫をして有給休暇の取得を推進させてもらうよう指導をお願いしたい。
【本部長】伊勢志摩サミットは終了したが、参議院議員通常選挙違反取締りや発令中の交通死亡事故多発警報に伴う交通事故防止対策に注力する。
業務も多忙であるが、各所属に休暇取得を呼び掛けているところである。取得できない場合は、その理由を確認し、ワークライフバランスを含めた今後の各種施策に生かしていきたいと考えている。

2 審議事項

(1)審査請求に対する裁決について(交通部)
警察本部から、審査請求に対する裁決について説明があり、審議の上、裁決について議決した。

(2)運転免許の行政処分について(交通部)
警察本部から、運転免許の行政処分に関する違反・事故の概要、意見の聴取結果等について説明があり、審議の上、15件の行政処分を議決した。

3 報告事項

(1)白バイ特別訓練員による合同訓練の実施について(交通部)
警察本部から、白バイ特別訓練員による合同訓練の実施について報告があった。
【委員長】昨年の全国白バイ安全運転競技大会は、どこが優勝したのか。
【警察本部】2部制で実施されており、1部の優勝は神奈川県警察、2部の優勝は熊本県警察であった。
【委員】伊勢志摩サミット警備への応援派遣を機に警視庁の白バイ特別訓練員が合同訓練に参加することになったとのことであるが、サミット警備が契機に他の都道府県警察との連携強化という視点から大きな成果とも考えられる。
【委員】トライアル走行操縦の訓練種目で使用されるバイクは、普段見ている白バイとは違うバイクなのか。
【警察本部】トライアル走行操縦で使用されるバイクは、悪路を走行可能なバイクである。この訓練種目で使用されるバイクと性能が同様のバイクを配備しており、災害時における情報収集などのために訓練している。

(2)テロ対策三重パートナーシップ推進会議定例会の開催について(警備部)
警察本部から、テロ対策三重パートナーシップ推進会議定例会の開催について報告があった。
【委員長】伊勢志摩サミットを契機にテロ対策に関連する機関等との結び付きも強くなったところ、引き続き、テロ対策三重パートナーシップの活動を継続し、県内のテロ対策に生かしていっていただきたい。
【委員】これまで、地震や津波、火災に対する各種訓練は実施されてきたが、テロに対する具体的な訓練は初めてと承知している。引き続き、テロ対策パートナーシップの活動を通じ、テロの危険性があるソフトターゲットの現場においてテロ対策訓練を活発に行ってもらいたい。
また、全国的にこのようなテロ対策パートナーシップの活動が広がっていけば良いと思う。
【警察本部】警視庁、北海道警察に次いで、三重県警察では全国で3番目にテロ対策三重パートナーシップ推進会議を設立した。全国的にもテロ対策への取組が推進されていると承知している。
【委員】伊勢志摩サミットがあったからテロ対策の活動が盛り上がったところもある。サミットが終了したが、テロ対策へのモチベーションが薄れていかないようにしていくことが大事である。
【警察本部】警察が治安の第一義的な責任を有することは当然であるが、日本型テロ対策として、住民や関係機関・団体の協力を得て、テロを未然に防止していくため、テロ対策パートナーシップの取組を始めたところである。今後、平成32年には、東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催予定であるほか、三重県においては、平成30年に全国高校総合体育大会、平成33年に国民体育大会(三重とこわか国体)の開催が予定  されており、今後もテロ対策パートナーシップを有効に機能させ、会議・研修会等による情報共有、テロ対処合同訓練、合同パトロール・キャンペーン、広報啓発・情報発信活動等を継続実施して県民の危機意識を高めるなど、パートナーシップの基本理念である「テロを許さない社会・地域づくり」を恒常的に推進していきたい。

(3)人事案件について(警務部)
警察本部から、人事案件について報告があった。

(4)ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく警告の実施について(生活安全部)
警察本部から、平成28年5月中のストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく警告の実施について報告があった。

(5)示威行進及び集団示威運動に関する条例の取扱いについて(警備部)
警察本部から、平成28年5月中の示威行進及び集団示威運動に関する条例の取扱いについて報告があった。

4 その他

内閣総理大臣の来県に伴う警護警備について(警備部)
警察本部から、内閣総理大臣の来県に伴う警護警備について報告があった。

 

「定例会議の開催状況」トップへ戻る

 

このページのトップへ