2017/04/14 公安委員会定例会議開催概要

第1 開催日時
平成29年4月14日(金)午後1時10分~午後3時50分

第2 開催状況

1 会議冒頭の発言

【本部長】新年度、順調に業務を推進できている。毎年恒例ではあるが、本部各部担当者の全国会議への出席や、本部主体による警察署員等に対する会議・研修の実施など、実のある会議等を実施し、新体制でしっかり仕事ができるように取り組んでいるところである。
昨日は、緊急の刑事課長関係の会議を開催し、組織的な情報収集の推進・運営を指示したところであり、また、捜査幹部が各署を回って指導していくところである。よろしくお願い申し上げる。
【委員長】多忙な中ではあるが、県民のため、しっかり取り組んでいただきたい。

2 審議事項

(1) 公安委員会宛ての苦情の対応について(警務部)
警察本部から、公安委員会宛ての苦情の対応について説明があり、審議の上、原案どおり議決した。

(2) 審査請求に係る裁決について(警務部)
警察本部から、審査請求に係る裁決について説明があり、審議の上、議決した。

(3) 運転免許の行政処分について(交通部)
警察本部から、運転免許の行政処分に関する違反・事故の概要、意見の聴取結果等について説明があり、審議の上、13件の行政処分を議決した。

3 報告事項

(1) 平成29年5月中業務計画について(警務部)
警察本部から、平成29年5月中業務計画について報告があった。

(2) 警察署長会議の開催について(警務部)
警察本部から、警察署長会議の開催について報告があった。
【委員】会議内容の発表・協議について、警察署の発表はあるのか。
【警察本部】大規模署、中規模署、小規模署から、それぞれ1警察署ずつの発表を予定している。

(3) 平成28年度三重県警察会計監査結果について(警務部)
警察本部から、平成28年度三重県警察会計監査結果について報告があった。
【委員長】警察の会計業務について、県による会計監査もあるのか。
【警察本部】県の監査事務局及び出納局の監査を受けている。
【委員】捜査費の執行に際し領収書が得られない場合は、どのように対応しているのか。
【警察本部】領収書がどうしても得られない場合は、支払い報告書を作成し疎明している。捜査費の執行については、捜査員に対する警察署の課長等からの指導教養のほか、監査時等における本部の指導教養により適正な執行に努めている。
【委員】例えば、経理担当者は、継続して経理担当となるのか。
【警察本部】経理担当者は、引き続き経理に就くことが多いのが現状である。新体制となり、不慣れな担当者もいることから、機会を捉えた指導教養を実施するとともに、担当者任せとならないよう複数によるチェック機能の強化を図っていく。
【委員長】金銭に関することは、県民の目も厳しく、引き続き適正な会計業務の推進に努めていただきたい。
【警察本部】引き続き、会計課監査室等による監査の充実強化を図るとともに、より適正な会計経理の推進に努めていく。

(4) 勲章伝達式の実施について(警務部)
警察本部から、勲章伝達式の実施について報告があった。

(5) 春の行楽期における交通渋滞予測と解消対策について(交通部)
警察本部から、春の行楽期における交通渋滞予測と解消対策について報告があった。
【委員長】期間中は、サンアリーナで「お伊勢さん菓子博」が開催されており、会場周辺で渋滞が予想されるが、その対策はどうか。
【警察本部】交通対策として、伊勢二見鳥羽ラインの朝熊東ICの出入口規制及び側道の通行規制を実施し、渋滞緩和に努める。また、主催者側は、会場周辺に約5千台の駐車場を確保している。

(6) 示威行進及び集団示威運動に関する条例の取扱いについて(平成29年3月中)(警備部)
警察本部から、本年3月中の示威行進及び集団示威運動に関する条例の取扱いについて報告があった。

4 その他

平成29年4月19日付けで警察庁へ異動する警務部長から、異動に伴う挨拶があった。

 

「定例会議の開催状況」トップへ戻る

 

このページのトップへ