2017/04/21 公安委員会定例会議開催概要

第1 開催日時
平成29年4月21日(金)午後1時10分~午後3時50分

第2 開催状況

1 会議冒頭の発言

【警務部長】4月19日付けで、警務部長に着任した。三重県のために精一杯頑張る所存である。御指導をよろしくお願い申し上げる。
【委員長】警務部長に着任され、お祝いを申し上げる。三重県の治安維持のために御努力いただきたい。

2 審議事項

(1) 審査請求の受理について(警務部)
警察本部から、審査請求の受理について説明があり、審議の上、受理することを議決した。

(2) 運転免許の行政処分について(交通部)
警察本部から、運転免許の行政処分に関する違反・事故の概要、意見の聴取結果等について説明があり、審議の上、12件の行政処分を議決した。

3 報告事項

(1) 人事案件について(警務部)
警察本部から、人事案件について報告があった。

(2) 平成28年度第4四半期における監察の実施及び受監結果について(警務部)
警察本部から、平成28年度第4四半期における監察の実施及び受監結果について報告があった。
【委員】監察の結果、全体としてはおおむね良好と伺ったが、一部で基本的な事項の不徹底が見受けられたとのことであるが、基本的事項を守ることの必要性を理解させ、指導するよう配意されたい。
【警察本部】服装の乱れ等基本的な事項が守られていない実態が一部認められたものである。指導教養を徹底してまいりたい。
【委員】警察庁による監察の一般的指導事項として、私的管理金の取扱いについて指導がなされたとのことであるが、私的管理金の適正な管理について、どのように指導していくのか。
【警察本部】官舎等の私的管理金は、基本的には責任者、会計担当、監査担当等という形で管理がされている。今年度の随時監察等で執行状況を確認するなどし、適正な取扱いを指導していく。

(3) 三重県の刑法犯認知状況等について(平成29年3月末・暫定値)(生活安全部) 警察本部から、本年3月末の刑法犯認知状況等について報告があった。
【委員長】特殊詐欺の防止対策として、自動通話録音警告機の貸与事業は効果が認められると伺った。更に普及促進に努めていただきたい。

(4) 防犯カメラ映像分析用機器及び動体検出ソフトウェアの整備について(刑事部)
警察本部から、防犯カメラ映像分析用機器及び動体検出ソフトウェアの整備について報告があった。
【委員】新しい機器等が整備されれば、効果が認められると思われるが。
【警察本部】分析時間が短縮されるなど、捜査効率が良くなるものと思われる。
【委員長】防犯カメラは、犯罪の抑止につながるものと思われる。引き続き機器整備に努めていただきたい。
【警察本部】一層の機器整備に向けて、努力してまいりたい。

(5) 三重県の交通事故発生状況について(平成29年3月末・暫定値)(交通部)
警察本部から、本年3月末の交通事故発生状況について報告があった。

(6) 当面の警備情勢について(警備部)
警察本部から、当面の警備情勢について報告があった。

(7) 公益通報に対する調査結果について(警務部)
警察本部から、公益通報に対する調査結果について報告があった。

4 その他

暴力団組長被害に係る殺人未遂事件の概要について(刑事部)
警察本部から、4月20日津市内で発生した暴力団組長被害に係る殺人未遂事件の概要について報告があった。

 

「定例会議の開催状況」トップへ戻る

 

このページのトップへ