2017/05/19 公安委員会定例会議開催概要

第1 開催日時
平成29年5月19日(金)午後1時10分~午後3時50分

第2 開催状況

1 会議冒頭の発言

【本部長】昨日、三重県議会の役員選出があった。着任後、初めての三重県議会となるので、十分準備をして臨んでまいりたい。

2 審議事項

(1) 警察職員の援助要求に基づく派遣(案)について(警備部)
警察本部から、警察職員の援助要求に基づく派遣(案)について説明があり、審議の上、原案どおり議決した。

(2) 公安委員会関係三重県情報公開条例施行規則及び公安委員会関係三重県個人情報保護条例施行規則の一部を改正する規則(案)について(警務部)
警察本部から、公安委員会関係三重県情報公開条例施行規則及び公安委員会関係三重県個人情報保護条例施行規則の一部を改正する規則(案)について説明があり、審議の上、原案どおり議決した。

(3) ストーカー行為等の規制等に関する法律における禁止命令に係る聴聞の実施について(生活安全部)
警察本部から、ストーカー行為等の規制等に関する法律における禁止命令に係る聴聞の実施について説明があり、審議の上、原案どおり議決した。

(4) 公安委員会宛ての意見・要望等対応(案)について(警務部)
警察本部から、公安委員会宛ての意見、要望等対応(案)について説明があり、審議の上、原案どおり議決した。

(5) 運転免許の行政処分について(交通部)
警察本部から、運転免許の行政処分に関する違反・事故の概要、意見の聴取結果等について説明があり、審議の上、15件の行政処分を議決した。

3 報告事項

(1) 平成29年6月中業務計画について(警務部)
警察本部から、平成29年6月中業務計画について報告があった。
【委員】交通部が実施する交通鑑識実戦塾は、他府県警察からの参加もあるのか。
【警察本部】例年、他府県警察から多数の参加を得ている。

(2) 平成29年度三重県議会役員選出結果について(警務部)
警察本部から、平成29年度三重県議会役員選出結果について報告があった。

(3) 三重県の刑法犯認知状況等について(平成29年4月末・暫定値)(生活安全部) 警察本部から、本年4月末の刑法犯認知状況等について報告があった。
【委員】車上ねらいが多いということであるが、特徴はいかがか。
【警察本部】北勢方面ではガラス割りの手口が多く、南勢方面では無施錠の車両の被害が多くなっている。各署において管内住民に対し注意喚起を行っているところである。

(4) 「三重県警察 三重の見守りコールセンター」の運用開始について(生活安全部)
警察本部から、「三重県警察三重の見守りコールセンター」の運用開始について報告があった。
【委員】この事業は、他府県でも実施しているのか。
【警察本部】昨年度、全国では22都府県で実施したと聞いている。今回、当県においても、消費者庁の地方消費者行政推進交付金を活用して実施するものである。
【委員長】未然防止が期待できることから、しっかりやっていただきたい。

(5) 南島幹部交番の新築移転について(地域部)
警察本部から、伊勢警察署南島幹部交番の新築移転について報告があった。
【委員】防災拠点として、高い土地に移転したということか。
【警察本部】旧交番は、津波の予測エリア内にあり、築48年を経過し、非耐震、狭隘、劣化といったことからも、防災拠点にもなり得る津波の予測エリア外となる高台に新築移転したものである。

(6) 三重県の交通事故発生状況について(平成29年4月末・暫定値)(交通部)
警察本部から、本年4月末の交通事故発生状況について報告があった。
【委員】踏切での歩行者と列車の事故で歩行者が亡くなっているが、交通死亡事故に該当するのか。
【警察本部】踏切における歩行者と列車の事故も交通事故の一つの形態であり、この事故もこれに該当するものとして、交通死亡事故としたものである。

(7) 示威行進及び集団示威運動に関する条例の取扱いについて(平成29年4月中)(警備部)
警察本部から、本年4月中の示威行進及び集団示威運動に関する条例の取扱いについて報告があった。

 

「定例会議の開催状況」トップへ戻る

 

このページのトップへ