地域警察

生活安全警察

刑事警察

交通警察

警備警察

警務警察


地域警察

 地域警察は、県民に身近な交番、駐在所、自動車警ら隊等に配置され、地域の実態に即し、住民の意見及び要望にこたえた活動を行うとともに、常に警戒体制を保持し、すべての警察事象に即応する活動を行い、県民の日常生活の安全と平穏を確保しています。

生活安全部地域課

所属

生活安全部地域課

採用年月日

平成20年4月1日


仕事の紹介

 私は、警察本部の自動車警ら隊で勤務しています。自動車警ら隊は、パトカーの機動力を活かし、警察署の管轄区域を越えて三重県全域を24時間体制でパトロールしています。パトロール中は、犯罪の予防や不審者に対する職務質問などを行い、事件や事故が発生すれば、直ちに現場に駆けつけ、負傷者の救護、犯人の検挙などの初動対応に当たります。私たち自動車警ら隊は、こうしたパトロール活動を通じて「安全で安心な三重」の実現のため日々努力しています。

仕事のやりがいや印象に残っていることについて

 自動車警ら隊に配属されてから間もないある日、パトロール中に鍵のついていない自転車に乗った男に職務質問をしたところ、「駅の駐輪場から盗んできた。」と自供したため、自転車盗の犯人として捕まえたことがありました。その男は、「自転車くらいならいいだろう。」と他人の物を盗むことを軽く考えていましたが、被害者にとっては大切にしていた物を盗まれることは大変ショックなことです。被害者に自転車をお返ししたとき、大変喜んでくれたのがとても印象的で、今でも鮮明に覚えています。県民の平穏を脅かす犯罪を許さない、と改めて心に誓う出来事となりました。

皆さんに伝えたいこと

 警察には階級制度があり、自分自身の努力次第で昇任試験を突破し、階級を上げて仕事の幅を広げることができます。また、現在の私の勤務は、当番、非番、日勤又は週休日を繰り返す3交替の勤務制ですので、休日などには、家族サービスや自分自身の趣味にたくさんの時間を充てることができ、職員住宅の完備や各種施設の割引などの福利厚生も手厚いため、充実した私生活を送っています。

地域警察

地域警察



警察署地域課

所属

警察署地域課

採用年月日

平成21年4月1日


仕事の紹介

 私が勤務する警察官駐在所は、警察官が家族と共に駐在所で生活をして、地域に溶け込みながら活動をします。駐在所の仕事は、交番勤務員と同じように、各種相談・届出の対応や事件・事故への初動対応、担当地域のパトロール活動や各家庭へ訪問する巡回連絡といったものがありますが、私自身、より身近な存在で地域住民の方々と接するため、特に、防犯講話、安全教室、地域住民との会合を通じた活動を推し進めています。

仕事のやりがいや印象に残っていることについて

 駐在所に勤務する警察官は、単独で通常業務をこなしていきますが、「独りぼっち」ではありません。活動するそばには、「駐在さん」と声をかけてくれる地域住民が必ずいてくれます。ある日、おばあちゃんが外出したまま帰宅しない事案がありました。目撃情報も乏しく、時間も経過し捜索活動に苦戦しているとき、その状況を知った地域の方々が一致団結して捜索に加わってくれました。地域の方々から協力をいただいたことでとても勇気づけられました。地域のために頑張れば、頑張った分以上に地域の方々が応えてくれる。駐在さんあっての地域住民、地域住民あっての駐在さん。 地域の方々と心ふれあい、一緒に安全を守る仕事が駐在所警察官のやりがいです。

皆さんに伝えたいこと

 警察官駐在所は、「警察の原点」であって、「地域の安全は、自分にかかっている」という誇りと使命感に溢れる仕事です。自分の活動次第で、確実に地域の安全安心に繋がっていきますので、自分の能力を最大限発揮することができます。また、地域に密着した活動により、様々なことを経験、吸収することができますので、自身も成長できます。子供たちに人気のヒーローの主題歌に「愛と」「勇気」というキーワードがあるように、日々、地域住民のために愛を注ぎ、勇気を持って行動するヒーローにあなたもなりませんか?

地域警察

地域警察



警察署地域課

所属

警察署地域課

採用年月日

平成27年4月1日


仕事の紹介

 交番勤務の地域警察官は、事件、事故を始め犯罪が起きないよう地域の安全を見守るパトロール活動や住民の意見・要望等の聴取を行う巡回連絡により、地域の実態把握に努めています。また、住民に防犯に対する意識を持ってもらうため、タイムリーな情報発信も行います。このほか、管轄地域で事件・事故が発生した際には、現場急行し、負傷者の救護、犯人の検挙、危険防止の措置、現場保存等の初動対応に努めます。このように地域警察官は住民の一番身近な存在として地域に密着した活動をすることにより、地域の治安維持に努めています。

仕事のやりがいや印象に残っていることについて

 私が一番印象に残っている取り扱い事案は、私が初任科を卒業して間もないころ管内の大型スポーツ用品店で大量のスポーツウェアが万引きされた窃盗事件です。店長のとても困っている姿を見て、私は絶対に犯人を捕まえなければと思いました。早速、私は店の防犯カメラに映っていた犯人像を確認したところ、犯人の特徴が若い男だったこともあり、ボーリング場等の娯楽施設にいるのではないかと考えました。管内の同種施設を探していると犯人像に酷似する若い男を発見しました。当初は犯行を否認していたものの、最後は犯行を認め、検挙することができました。この事件は、私が初めて窃盗犯人を検挙した忘れられない事件であるとともに、その過程で自分の意見が組織の方針となって捜査に貢献できたこともあり、今でも強く印象に残っています。

皆さんに伝えたいこと

 警察官の仕事は、様々な場面で強制力を行使するという点でとても大きな責任を負いますが、責任を全うしたときのやりがいは格別なものがあります。また、仕事を進めていくうえで、警察学校の同期生、先輩、後輩、上司の方々との絆はかけがえのないものがあります。警察組織は、公私問わず困ったときには支えてくれる大変心強い仲間がおりますので、警察官としての経験が浅い私でも、どんなことでも乗り越えられる自信がつき、日々の成長を実感することができます。

地域警察

地域警察



警察署地域課

所属

警察署地域課

採用年月日

平成25年4月1日


仕事の紹介

 地域警察官は、市民の方々にとって一番身近な「街のお巡りさん」として交番で勤務しています。業務内容は、管内の住民の方が事件や事故に遭わないよう、パトカー等での管内パトロール活動、管内の住宅、事業所を訪問して地域住民の声を聴いたり、情報発信をしたりする巡回連絡活動があります。このほか、警察安全相談、落とし物や拾得物の取扱い、地理案内などの対応、緊急の事件・事故が起こった際に現場へ急行して様々な処理を行うなど、地域の安心安全のための幅広い活動を行っています。

仕事のやりがいや印象に残っていることについて

 警察で通報を受理すると、まず一番先に現場へ駆けつけることが地域警察官の役割です。毎日様々な通報があり、一つとして同じ状況にはならないので、それぞれの事案に応じた対応が必要とされますが、その分やりがいを感じることもできます。
 中でも印象に残っているのは女性警察官が必要とされた現場です。警察官というと男性のイメージが強い職業ですが、泣いている女性から事情を聴いたり、小さな子供を保護したり、道に迷って自宅へと帰れなくなった高齢者を発見し、家族に安心してもらったりと子供や女性等に対応する事案では、女性ならではの対応が求められる場面も多くあり、人の役に立つ仕事ができるのがやりがいに繋がっていると感じます。

皆さんに伝えたいこと

 就職を考える際に、様々な職業が思い浮かぶと思いますが、自分たちが住んでいる地域の身近な安心、安全を守るという仕事ができるのは警察官という職業だけではないかと思います。実際に住民の方と接する仕事のため、感謝の言葉をいただくこともあり、自信がついたり、仕事のやりがいも感じられると思います。
 また、警察には安定した福利厚生の制度がありますので、ワークライフバランスにより充実した生活を送れると思います。体力がなかったり、法律についてもよく知らないし・・・と感じて受験を迷っている人も多いのではないかと思いますが、警察学校で同期生と一緒にしっかりと学んでから警察署に配属されますので、不安に思わずぜひ挑戦して欲しいと思います。

地域警察

地域警察



ページ上部
  特集!地域の一日
  画像をクリックして閲覧!

 交番勤務@


 交番勤務A


 駐在所勤務


ホーム > 仕事紹介/地域警察