開示請求等の方法

情報公開条例に係る請求は、県民に限らずどなたでも次のどの方法によっても請求することができます。ただし、個人情報保護条例に係る請求は、【1】の窓口のみで請求できます。【2】郵送又はファクシミリ及び【3】インターネット(電子申請)による請求はできません。

【1】開示請求書を窓口へ提出する方法

開示請求書は、公安委員会宛てのものと警察本部長宛ての2種類がありますので注意してください。
県警察の公文書は、そのほとんどを警察本部長が管理していますが、以下の文書については公安委員会が管理しています。

  • 公安委員会の会議録
  • 警察法第43条の2に規定する公安委員会の事務に関する文書
  • 警察法第79条に規定する苦情の申出及びその処理に関する文書
  • 公安委員会又は公安委員会の委員長若しくは委員宛ての意見、要望等及びその処理

に関する文書
したがって、これらの文書を請求しようとする場合に限っては、公安委員会宛ての開示請求書を使用してください。
請求先別に開示請求書を選択し、これに住所、氏名、電話番号、具体的に知りたい情報等必要事項を記入して窓口へ提出していただきます。

開示請求書様式はこちら

行政資料等複写依頼書様式はこちら

【2】郵送又はファクシミリで請求する方法

(1) 郵送の場合
所定の用紙に必要事項を記入し、次の宛先へ郵送していただきます。この場合、必ず連絡のつく電話番号を記入してください。

〒514-8514
三重県津市栄町1丁目100番地
三重県警察本部警務部広聴広報課情報公開室
(電話:059-222-0110)

(2) ファクシミリ利用の場合
所定の用紙に必要事項を記入し、次のファクシミリ番号へ送付していただきます。この場合も必ず連絡のつく電話番号を記入してください。

ファクシミリ番号 059-225-0070
(三重県警察本部警務部広聴広報課情報公開室)

【3】インターネット(電子申請)で請求する方法

インターネットを利用して開示請求をする方はこちら

TOPに戻る