運転免許条件が補聴器の方へ  臨時適性検査(条件変更)のご案内

 現在、両耳の聴力(補聴器により補われた聴力を含む。)が10メートルの距離で、90デシベルの警音器の音が聞こえない方の運転免許取得については、運転することができる自動車等の種類を専ら人を運搬する構造の普通自動車に限定されていましたが、平成24年4月1日から運転できる自動車などの種類が広がりました。
 従来どおり、補聴器を使用せずに運転したい旨の希望の方は臨時適性検査に合格しその後、安全教育を受講されると、上記聴覚障害者の方と同様の条件の下で、運転が可能となります。

※ 補聴器なしで受験するに準じ、運転できる自動車の種類も同じです。

1 臨時適性検査対象の方
  運転免許の条件が補聴器の方

2 臨時適性検査等の内容
(1) 臨時適性検査
   実際に、特定後写鏡(ワイドミラー又は補助ミラー)(※注)を使用し、運転できるか確認を行
  います。
※注 後方視野を十分に確保し車両斜め後方の死角を解消することができる後写鏡。

(2) 安全教育
   実車を使用し、特定後写鏡の適切な使用にかかる技能や交通の状況を聴覚により認知することが
  できない状態で行う運転に必要な知識及び技能の教育を受講していただきます。

3 臨時適性検査等合格後に付与される条件等
(1) 新条件

  • 特定後写鏡で普通車に限る。
  • 補聴器(使用しない場合は特定後写鏡で聴覚障害者標識を付けた重被牽引車を牽引しない普通車に限る。)

(2) 補聴器を使用せずに運転できる車両

  • 運転することができる車両は全ての普通自動車並びに大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車及び原動機付自転車です。
  • 準中型自動車と普通自動車を運転する時には、特定後写鏡を取り付け、聴覚障害者標識を表示しなければなりません。

臨時適性検査(条件変更)を希望される方は運転免許センター適性審査係へご相談ください。
◎臨時適性検査の際は必ず予約が必要となりますのでご注意ください。

連絡先  津市垂水2566番地
三重県警察本部運転免許センター
西ウイング2階 適性相談事務室
【電話】059-229-1212 内線(482、483)【FAX】(475)
受付時間 月曜~金曜(休日・祝日・年末年始を除)の午前10時から午後4時までの間
TOPに戻る