過激派の発見にご協力をお願いします

過激派の現状

 過激派は、平成28年中、組織の維持・拡大をもくろみ、暴力性・党派性を隠して大衆運動や労働運動に取り組みました。
 革マル派は、反原発運動などの大衆運動や労働運動に取り組み、組織の維持、拡大を図りました。
 中核派は、労働運動を通じて組織拡大を図る「階級的労働運動路線」を堅持し、「国鉄闘争」「選挙闘争」などに取り組みました。
 革労協は、成田闘争、反戦闘争、反原発闘争に取り組みました。
 また、過激派は、平成27年4月28日、神奈川県内の米軍座間基地に向けて、飛翔弾を発射するなど「テロ、ゲリラ」事件を起こしています。

「テロ、ゲリラ」事件

 在日米軍の再編問題、自衛隊の海外派遣等を捉えて反戦闘争に取り組む革労協反主流派は、平成27年4月28日、神奈川県内の米軍座間基地に向けて、飛翔弾を発射する事件を引き起こしました。

過激派対策

 過激派に対する事件捜査及び非公然アジト発見に向けたマンション、アパート等に対するローラーを推進しています。
 平成28年中には、中核派の非公然アジトを摘発したほか、不正に賃借権を取得した中核派活動家を逮捕するなど、過激派の活動家ら計35人を検挙しました。

過激派の発見にご協力を

 過激派の指名手配被疑者や非公然活動家は、善良な市民を装って、マンション、アパート等にアジトを設けて潜伏しています。
 過激派のアジトの特徴は次のとおりですので、「変だな、おかしいな」と不審に思うことがありましたら、110番通報または最寄りの警察署、交番、駐在所までご連絡ください。

  • 昼間なのにカーテンを閉め、室内が見えないようにしている。
  • カーテンの隙間から外を監視する者がいる
  • 深夜、早朝などに、周囲を警戒しながら出入りしたり、品物をひそかに搬送している
  • ひそかに複数の人が出入りしたり、ことさら近隣の住民と接しないようにしている

過激派の指名手配被疑者

過激派の指名手配被疑者は次のとおりです。

・ 昭和50年連続企業爆破事件犯人
   桐島 聡 (きりしま さとし) 昭和29年1月9日生
 

 

TOPに戻る